ワンポイント調理法

ワンポイント調理法

インターネットでのショッピングが盛んになった昨今、ネットショップを利用して家でカニを食べる機会が、昔に比べて増えてきた様な気がします。かに通販では「生がに」や「ボイルがに」を扱っています。

そんな「蟹」ですが、美味しく戴くにはどうしたら良いのでしょうか。ワンポイント調理法をご紹介したいと思います。

【生がに】

生かにを美味しく戴く為に、茹でて食べる方法が有ります。先ずはカニの両面をタワシを使って軽く洗い流しましょう。そして、大きめの鍋に水をたっぷり入れて塩を入れて沸騰させます。沸騰したお湯に蟹を入れるのですが、この時裏が見える様な方向で入れてくれると良いです。お湯には浸かる様に入れましょう。もし浮いてくる様だったら落とし蓋を使う様にすると便利です。

カニをお湯に入れて、再沸騰したら20〜25分程茹で上げます。茹で終わったら冷水で冷やしましょう。そうする事で、身が余熱でゆで過ぎた状態になるのを防ぎます。

【活かに】

生きている蟹を調理するのは、ちょっと可哀想な気がしますが、勇気を出して頑張りましょう。塩が入ったお湯を沸騰させます。生きたまま茹でると足が取れてしまうので、死んでから茹でるのがコツです。カニは真水に浸けると死んでしまいますので、それから茹でる様にしましょう。

【蟹鍋】

カニは出汁も取れるので、旨味が充分に出ます。お好きな野菜や魚、お肉を入れて好きな味で整えましょう。締めには雑炊にすると、色んなエキスが入ってとても美味しく出来あがります。